2011年01月19日

増税キャンペーン

与謝野馨氏を経済財政担当大臣にしたのが今回の内閣改造の目玉だと菅はいう。
 与謝野氏は先の衆院選東京1区で民主党の海江田万里氏に負けて、自民党候補として比例復活して議席を得ている。そのまま、新党「たちあがれ日本」に行ったと思ったら、それを踏み台にして、民主党政権の閣僚になってしまった。

これには、「たちあがれ日本」の生みの親である石原慎太郎都知事もあきれて、「君、恥かきたまうことなかれ」と強烈な皮肉をいっている。

  いうまでもなく、与謝野氏は、コテコテの財政至上主義者だ。財政再建に対する考え方は2通りあって、ひとつは与謝野氏のような財政至上主義で、財政収支均衡を最優先し、その手法は増税というもので財務省の主張そのものだ。
 もう一つは、経済主義であり、経済を立て直して税増収を上げ、それと同時に、資産売却、霞ヶ関埋蔵金発掘、歳出カットするという手法だ。

与謝野氏が入閣したことで、財政至上主義内閣になった。別の言葉で言えば、消費税増税シフト内閣だ。
 これに、財務官僚OBの藤井裕久・官房副長官が加わる。この方も、「円高のもとで、増税財政再建」論者だ。

円高もデフレも通貨がそれぞれドルや国内のモノに対して少ない現象なので、根は同じだ。これだけの役者がそろうと、デフレ・増税内閣になる。

  世論調査では、増税容認が多いらしいが、これまで菅政権で、何度ともなく増税が必要、必要と繰り返してきたので、あきらめの早い日本人は仕方ないかなと思ってしまうだろう。もちろん、これは財務省が周到に仕組んだ増税キャンペーンである。洗脳と言っても良い。

 マスコミも各社の経済部エリートを財研クラブ(財務省の記者クラブ)に配しており、その中はサラリーマン記者が多いので、これまで通り財務省からの増税キャンペーンを垂れ流している。
 財研クラブにいると、財務省に依存せずに記事を書くことは困難になってくる。多少批判記事を書くと、取材できるメリットを失ってしまう。
 だから、財研クラブから財務省と違う情報は出てこない。財政の話は、数字の話で間違うと財務省からクレームが付くので、記者は財務省に確認してからでないと記事が書けないのが実情だ。

その典型例が、霞ヶ関埋蔵金だ。毎年結局は出てくるのに、いつも当初は「ない」という報道ばかりだ。予算編成の年末になると、それまでの報道とは一転して出てくる。
 昨10年末にも鉄道建設関連の埋蔵金が出てきた。
 これで5年連続累計40兆円以上だ。ところが、新しい年になると、また「ない」とマスコミは報道させられる。

いずれにしても、菅の増税、枝野の利上げ、与謝野・藤井の増税+デフレ強化なんて、ノストラダムスの大予言に出てくる地球滅亡の日、惑星直列になってしまう。
 社会保障費自然増1兆円というが、その程度なら名目経済成長率を1%上げれば確保できる。
 こんなことも分からない人たちに国を動かされているなんて、滅多にないくらい悲惨なことだが、あまりに悲惨なだけに長くは続かないだろう。

与謝野氏が1年前に書いた「民主党が日本経済を破壊する」は、この本から、今国会の質問が山のように作れる。それほど攻撃材料があるので、おそらく野党は国会が待ち遠しいだろう。
 特に、自民党には近親憎悪のような感情が渦巻いており、とても与野党で政策協議なんて雰囲気ではない。

民主党内にも不満は多い。
 内閣改造したばかりなのに、公然と民主党内からの批判が出ている。これまで民主党を攻撃してきた与謝野氏とすぐ仲良くやれといっても無理な話だ。
 特に、与謝野氏を入閣させたばかりに、マニフェストの変更まで話が出ている。
 これは多くの民主党議員にとってやっかいな話だ。仮に変更するとして、マニフェストで政権交代したのだからどんな手続きで変更するのか。その場合、世に信を問うのが常識だ。

スッカラ菅はいったい何をしてるんだか。
posted by nemry at 06:47 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月15日

めちゃくちゃな組閣!

いったい何なんだこの絶望的な組閣は。

与謝野

 元財務官僚である与謝野は、官僚第一主義であるがゆえ、増税で官僚の利益を守る。

 菅は14日、民主党の消費税論議を先導してきた藤井裕久元財務相を官房副長官に起用したが、藤井氏は「(消費税改革は)与謝野さんとの関係も重要。一人でできる仕事ではない」と与謝野氏との連携に期待を寄せた。

 菅、与謝野、藤井は消費税大増税論者だ、議論もせずに、消費税だけでなく、その他の税もやすやすと上げかねないばかりか、年金保険料も上げかねない。


海江田

 「国を開くことは歴史の必然。TPP協議に必要な取り組みを加速し、アジアの成長を(日本に)取り込む」。海江田経産相は14日の会見で強調した。
 菅も「平成の開国」を掲げ、今回の改造で経産相をTPPに慎重だった大畠章宏氏から海江田氏に代えた。

 しかし、関税撤廃で、食料自給率、食の安全は、大きく衰退するのは必至、国民生活の根幹に関わる。
 TPP参加に反対する国会議員も多く、12日の両院議員総会や全国幹事長会議でも「首相のTPP参加検討表明は唐突だ」との批判が相次いだ。

 まったく、何処で論議したというのだ、単なる世界への人気取り。国民のことは何も考えていない。
 TPP参加には、現状のままでは、俺も大反対。

枝野

 「のび太」の様なふざけた顔、仕分け人としての浅はかな知識不足の路程、最悪の政治家の一人で、仙石の子分。
 官房としては、漁船衝突事件で悪化した日中関係の修復も最重要課題だと俺は考える。
 
 ただ、枝野は民主党の日本・台湾友好議員連盟に所属する「親台派」。超党派の「チベット問題を考える議員連盟」で代表を務めたこともあり、漁船衝突事件の際、中国を「あしき隣人」と批判した。
 「対中強硬派」の前原氏も残留し、中国世論がさらに硬化する可能性がある。

 中国と仲良くしろとまでは俺も言わないが、仙石の様に中国の言いなりになって、何も手を打てなくなる可能性は高い、枝野や、前原、ましてや菅、では中国は交渉テーブルに着かないと俺は考える。

 中国と日本は、お互いを利用しあう時に来ている。そのためにはうまく交渉を進める人間が必要だ。
 このままでは、利用されるのみ、となるのではと懸念する。

 外務大臣も、極左の前原ではたしていいのか?
 日朝協議の再開に向け、積極的な発言を繰り返す前原に、韓国などから前のめり姿勢への懸念が報道されている、発言事態も、無策状態を常に路程し、世界からバカにされている。

 いずれにしてもこの組閣で、菅が、国民目線ではなく、官僚目線の政策である事が、再確認された。

マスコミは、国民は政治に無関心と言っているが、無関心で無知なのはマスコミの方。
 先日、岡田幹事長が、NHKのクローズアップ現代で、本当に馬鹿な事を言っているのに、NHKキャスターは、何の反応も無く流してしまう。
 全くレベルが低すぎる。

このままでは、実害が、徐々に俺たちを苦しめる事となる。とても無関心ではいられない。
posted by nemry at 07:23 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月03日

あけましておめでとうございます。

2011年となりました。
おめでとうございます。
今、おかしいと思ってる事は、やはり民主党政権ですね。
自民党時代以上に、官僚の意のままで、国民生活は苦しくなる一方。

野党も脆弱で、それを追い込めない。
2010年はそんなジレンマに陥る年でした。

まあ、今年は、何らかの動きが出るとは思うが、いつまでも他力本願ではだめだな。
と、思いつつも有ります。

良い年になりますように。
posted by nemry at 10:22 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。