2011年04月21日

今日もこんな話題しか

●まあ、これが東電という会社意識なのだろう。  

http://news.livedoor.com/article/detail/5505295/


●福島パフォーマンス訪問の菅首相、あらかじめ決められた住民からのみ話を聞く予定だったのに…TBSが報道

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4706181.html


●4月17日の福島県視察で、あまりに重装備のため「フルアーマー枝野」とインターネット上で話題になっている枝野官房長官。

現地入りし数分で帰ったにもかかわらず、現地作業員よりも対策バッチリな見た目のため、福島県の風評被害に対する「過剰反応は止めよう」との声明も「お前が言うな」と言われても仕方がないなー。
posted by nemry at 20:45 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月20日

日本人には見せるな!

 東京電力の英語Webサイトには、震災後の3月13日から1〜3日程の間隔で、福島原発の様子を収めた画像・動画などが掲載されているのを知っているだろうか。

 間近で撮影された原子炉の空撮動画や、震災当日に福島第一原発に津波が襲いかかる様子を撮影した動画など、資料としても参考になるだろうと思われるものが多く掲載されている。

 これらの画像・動画は、英語版のサイトhttp://www.tepco.co.jp/en/news/110311/でのみ閲覧できる状態だ。
 このことからジャーナリストからは、「日本人には知らせなくてもいいということか」などという批判があがっている。

 この点について、東京電力の担当者は。

――東電の英語サイトには、多くの画像・動画が日々更新されており、日本語版より充実しているように見えるが?

東電担当者:海外のメディアに向けて広く展開していくという意図で、そのようにしている。

――日本語よりも英語のほうが、より広まるからという判断か?

東電担当者:その通り。

――東京電力は日本の企業であるので、英語版にあって日本語版へ掲載されていないのはおかしいのでは? 日本語サイトへ掲載する問題もないように思える。

東電担当者:日本語版へ掲載することへの問題はないが、掲載の予定は今のところない。掲載しても無意味だ。

 英語版のみのサイトに大量の資料を公開している状態は理解に苦しむ。明らかに情報操作である。

 誰が、隠蔽を支持したのか、野党は追及すべきである。
posted by nemry at 06:06 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月19日

天下り先続々、何がしたいんだいったい。

菅が、東日本大震災からの復興を担う「復興庁」の新設について、「1つの組織をつくると、権限の調整にエネルギーを取られ、必ずしも機能しない」と失敗の複線を引くようなバカな発言をまたしている。

 震災後、20もの本部や会議を立ち上げて機能不全に陥っているのは、他ならぬ菅政権ではないか。

 「復興庁」は、関東大震災後に後藤新平が率いた「復興院」をモデルにしたもので、復興に関する権限を各省庁から移管して一元化する組織として、政府内で浮上していた。

 しかし、菅首相は18日の参院予算委員会で、冒頭のように否定的な考えを示した。復興庁の功罪はともかく、組織を作りすぎて機能不全を起こすのは、皮肉にも震災や福島第1原発に臨む菅政権が実証している。

 政府・与党は震災後、雨後のたけのこのように組織を乱立させた。しかし、官僚は資料作りのみに追われ、司令塔は不在。実務は滞り、震災対策では復興関連の法案は全く通っておらず、義援金の配分割合も決まっていない。原発事故への対応でも後手を踏んでいる。野党は会議乱立がその原因のひとつになっているとして、猛批判している状況だ。

 18日には、公明党の加藤修一氏は「自分が立ち上げた会議名を全部知っているか?」と菅首相に聞いたが、首相は会議名を答えられず。「決して、無責任に作ったわけではなく、(地震津波と原発事故の)二面作戦にならざるをえなかった」と正当化したが、支離滅裂だ。

 また、菅首相は自らの内閣について、「100%とは言わないが、関係者が全力を挙げており、政府全体としては一定の評価を頂いている」と自画自賛した。
 民主党に最も甘い評価をしている朝日新聞の世論調査でさえ、震災対応を「評価する」は12%、福島原発事故への対応を「評価する」は6%。サラリーマンなら、この査定で「評価されている」とは誰も思えない低評価、左遷、もしくはクビ状態である。

 菅首相は「欲張りかもしれないが復興・復旧、財政再建に道筋がつくところまでやれば政治家として本望だ」と長期政権への意欲まで示した。どこまで面の皮が厚いのか。
 はやくやめて仙石とともに本国に帰ってもらいたいが、食らいついて意地でも離さない。まさにスッポン。カラッポン。
posted by nemry at 21:07 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月17日

岡田克也

 民主党の岡田克也幹事長は17日のNHKの討論番組で、自民党の谷垣禎一総裁が菅直人首相の退陣を求めていることについて「唐突感を持って受け止めた」と指摘する。

これが本心なら岡田はアホだが、無難な立ち回り論理といえるだろう。まあレベルは低いが。

 岡田氏は「政権に入る、入らないにかかわらず、信頼関係をつくっていただくことが非常に大事。余人を交えず色々な議論をぶつけてほしい」と述べた。

 まあ、谷垣も、菅と大差なく一人にするとまた馬鹿なことを口走るのを期待しているのだろう。
 
つまりきれい事を言っても、もう、現政権では持たない事を暗に認めているに過ぎない、こうなった責任を少しでも他人になすりつけて、希釈したいと言うことだ。
posted by nemry at 13:20 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月13日

菅総理 無能

 松本内閣官房参与は13日、菅総理と会談した後、菅総理が原発周辺の避難地域について、「当面住めないだろう。10年住めないのか20年住めないのかということになってくると、再び住み続けることが不可能になってくる」と述べたことを明らかにした。

 しかし、その後、松本氏は記者団に対し、菅総理から「言っていない」という電話がかかってきたことを明らかにして、当初の説明を撤回した。

 今、避難所や、退避区域でがんばっている人々の事を全く無視した発言だ、正確には「言ってない事にしてくれ」だろう。
 まあどんどんボロが出てくるのだろう。くだらない男だ。
posted by nemry at 20:09 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月12日

震災1ヶ月 菅が昨日一日やっていたこと

菅政権は11日、コンピュータ監視法案を、震災のドサクサの中で内閣閣議決定した。
これは捜査当局が裁判所の捜査令状なしでインターネットのプロバイダに特定利用者の通信記録保全を要請、削除、またはネットに繋がらないようにできるようにするものだ。
つまり、政府、公安による検閲。

指宿信・成城大学法学部教授はこう指摘する。
「当局が通信傍受を行なう場合は組織犯罪に限るなど厳しい制限があり、国会報告も義務付けられている。
しかし、この法案はやろうと思えば誰のネット通信記録でも安易に取得されてしまう危険性がある」

この法案の閣議決定を受け、警察庁はネット上の「規制強化」に乗りだし、名誉毀損などで摘発も検討する方針を打ち出した。

警察庁OBの大貫啓行・麗澤大学教授が語る。

「大震災や原発事故にかかわるネット情報が氾濫していることに、捜査当局がパニックになって冷静な判断ができていない印象がある。言論の自由が浸透する日本国民をもっと信用すべきです。言論封殺、現政権への批判をかわす事のみが目的の様です。」

菅政権の悪口を言うと逮捕される。
NHK 民放 新聞につづいて、ネットも情報をたたれ、菅政権に都合の良い報道のみがされる。
  
原発問題の悪化とシンクロして、内閣もどんどん悪化している。
解散総選挙はやるはずも無く、民主党内部から、「菅おろし」を期待するしかない。
小沢グループにその覚悟があるかどうかだが。
posted by nemry at 06:12 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月11日

ポポポポーン

原発事故以来、震災報道に対してのCMの様にでてきた、このACのぽぽぽポーンだが何か出し方に違和感を感ずるのは俺だけでは無いだろう。

ACと東京電力の関係性は有るか?
民放封じに、巨額の広告料を供与し、批判をかわす狙いが有ったのでは?

役員(理事・監事)・顧問・相談役|ACジャパン
http://www.ad-c.or.jp/manage/board.html
理事    千葉昭      四国電力株式会社 取締役社長
理事    當眞嗣吉    沖縄電力株式会社 代表取締役会長
理事    西澤俊夫    東京電力株式会社 常務取締役
理事    原田正人    中部電力株式会社 常務執行役員
理事    深堀慶憲    九州電力株式会社 代表取締役副社長
理事    向井利明    関西電力株式会社 取締役副社長
理事    山下隆      中国電力株式会社 取締役社長
理事    若井泰雄    三菱電機株式会社 宣伝部長
名誉顧問  嶺井政治    沖縄電力株式会社 元会長
posted by nemry at 05:41 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月09日

言論封殺  押し切られた?「総務省」

某SNSでの、元総務大臣とのやりとり

4/7 nemry2011 山口修一

官・政一体となった独裁政治か。 http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01kiban08_01000023.html


4/7 kharaguchi 原口 一博
総務省に対してインターネットにおける表現の自由に関わると思料される要請文に関して原資料とその間の議論の経緯について開示を請求しました。

4/7 nemry2011山口修一
@
@kharaguchi  法治国家として、有ってはならない事だと思っています。


4/7kharaguchi 原口 一博
インターネットを狙い撃ちしたと誤解されるような今回の措置に国の内外から多くの反応が寄せられています。軍事独裁国家のようだとする声も。総務省としては「表現の自由に配慮して自主的な判断でインターネット上の流言飛語への適切な対応を要請したというものの支持できない判断です。


4/9kharaguchi 原口 一博
総務省顧問・コンプライアンス室長の郷原先生と「流言飛語に関するインターネット管理者に対する」総務省要請についてお話をいたしました。どのような経緯で発せられたのか?私が知った経緯が事実ならば総務省は寧ろ防波堤の役割をしようとしたものの押し切られた形になっています。容認できません。

nemry2011 山口 修一
@kharaguchi  現内閣の腐敗は周知の事実ですが、その暴走を与野党含めて誰も止められないところが、今の日本の惨状です。 震災復興の前に大きく立ちはだかる、福島第一事件。これさえ初動を誤らなければ、全く違う展開で、いまごろ、活気をもって復興が始まっていたはず。 悔しいですね。


まあ、総務省が誰に押し切られたのか、察しはつくが、原口代議士の口から出るはずも無く。

http://twitter.com/#!/nemry2011

http://twitter.com/#!/kharaguchi


また、官邸にはこんな提言もしたのだが、聞く耳は無い様だ。

@Kantei_Saigai  乾燥窒素が注入できるのなら、冷却水の代わりに液体窒素を注入してはどうですか?液体窒素は(-195.8℃)水よりはるかに冷却効果が有るばかりか、燃料の凍結に成功すれば、放射能の放出はゼロに出来ると思いますが。

http://twitter.com/#!/Kantei_Saigai
首相官邸


posted by nemry at 11:11 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月07日

先を読む力もない総裁

 日銀の白川方明総裁は7日の金融政策決定会合後の記者会見で、日本経済の先行きに対し、前向きな姿勢を演出した。景気判断を下方修正したのにもかかわらず、あえて発信したのは「経済成長の基本的な構造は崩れていない」というメッセージだった。
 総裁は会見で「供給制約が解消すれば、国内景気は回復経路に戻っていく」と繰り返した。供給制約とは、(1)震災・津波に伴うサプライチェーン(部品供給網)の寸断に伴う生産減(2)原子力発電所の事故の余波を受けた計画停電など電力不足による生産減――の2つの要因からなる。

 総裁はこのうち、サプライチェーンについて「企業がいま懸命になって修復に努めている」と評価。「6月末かあるいは7月くらいには解消していくだろうと期待している」と語った。

 供給制約のもう一つの要因である計画停電の影響については、電力不足の解消のメドはなお立たないだけに「(回復の)時期は特定が難しい」と慎重な姿勢をみせた。それでも、サプライチェーンの復旧時期に言及したことは、ふだん慎重な言いぶりが目立つ総裁にしては思い切った発言といえる。

 前向き発言の背景には「海外経済が高い成長を維持している」という思いがある。供給面での制約がなくなれば、海外向けの輸出が早期に戻り、そこを起点に様々な需要が増えていく――。こんな構図を総裁は日本経済の「基本的なメカニズム」と呼ぶ。


 まったく穴だらけの論法で。
 供給制約が強く効いている間に、他国に供給事態を奪われる需要面の下押しが大きくなってしまう可能性は高い。すでに自動車部品などは中国の工場にシフトが始まっている。原発事故に伴う被害や企業の海外移転の加速などが強まれば、景気がずるずると後退する可能性がそれだけ高まる。

 今回の高レベル汚染水(政府は低レベルと詭弁を弄しているが、規定値の400倍は海外までごませるレベルではない)の無断放水で、海外からのバッシングは当然強い。欧米はリビアと同じレベルで批判をしている。
 それに気づかせ無い様にしている、政府に対しても異常な事態と報じている。
 中国・北朝鮮並みの情報統制。
極めつけが今日の総務省のこれだ
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01kiban08_01000023.html

ついにネット規制か、「流言飛語」ってなんだ?政府に不利な情報の事か?

民放・NHKを押さえれば押さえるほど、真実を知りたい人間は、ネット上に事実を求める物だ。
東電の会見も、ほとんどテレビではやらない、ネットでは逐一ナマで放映される。

その会見では、腐った大手のぶらさがり記者が適当な質問をしているのだが、フリーのジャーナリストの質問は、的を得ていて、東電も、真実の一部を語り始めている。

まあ、それらを恐れているのだろう。

いずれにしても、これから海外はいろんな面で厳しくなる。

・日本食の店は確実につぶれる。
・日本からの食料輸入はほとんど全ての国で禁止。
・日本政府に不信感を抱き、日本を見放す事による「円安」
  円が安くなれば、輸出産業が有利になる、というのは震災前の遠い昔のよき時代のこと。
  輸出はどんどん出来なくなるのだから。
・それに伴い、投機筋は円を売って、原油や金の先物に走り、また原油高となる。

いずれにしても、アメリカ、フランスの原発技術支援を断り続けたつけがこれだ。
菅は、いまや政局に忙しいようだ。
  
posted by nemry at 21:36 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月04日

内閣の「のび太」

 東京電力福島第一原子力発電所の事故で、気象庁が放射性物質の拡散予測を連日行いながら、公開していなかったことに関し、枝野官房長官は4日午後の記者会見で、「少なくとも隠す必要のない情報。公表すべきだった」と述べた。

 気象庁の予測は、国際原子力機関(IAEA)の要請に基づくもの。国境を越える放射性物質汚染が心配されるときに、各国の気象機関が協力して拡散予測を行う。

 フランス、ドイツ、アメリカが、日本政府の隠蔽体質に激しく抗議した物で、もちろん日本人のほとんどは、気象庁が放射性物質の拡散予測を連日行っていることなど、知らない。

隠す必要のない情報→公表すべき。

隠さなければならない事実→隠蔽するべき。


で有ることを自ら認める発言となった。
posted by nemry at 23:13 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

やはり、想定される事が、次々と現実に

北茨城市の平潟漁協は4日、同市の長浜沖でとれたコウナゴから1キロ当たり4080ベクレルの放射性ヨウ素131が検出されたと発表した。

 魚介類の放射性ヨウ素についての規制値はないが、飲料水で300ベクレル、野菜類で2000ベクレルと定めた規制値に比べて高い。
posted by nemry at 22:59 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月01日

増税内閣

政府民主党は31日、「東日本大震災復旧復興対策基本法案」の素案をまとめた。 特別税の具体策としては法人税、消費税、所得税などの増税である。 
ようやくスッカラ菅の念願の消費税・所得税アップが実現する。震災に乗じて何をやってんだか。復興資金は必要だが、この首相、本末転倒だ。
posted by nemry at 06:38 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。