2011年09月28日

太陽の怒り、来年本当に有るのか?

太陽が生み出すスーパーストームが、2012年に私達の文明を破壊するのだろうか?

少なくともNASAは、そのはっきりとした可能性を考えている。注目に値する動向を持って、保守的な米国の宇宙局が、尋常ではない警告措置を世界に発している。

まあ、本当にそうなるかどうかは解らないが、各国の宇宙局が警鐘を鳴らしているのは事実。

http://crisisboom.com/2011/04/26/solar-superstorm-2012-one-billion-could-die/

確かに、10年ほど前からこの問題は、科学番組などで日本でも報道されていたのを思い出した。

・太陽に関する専門家は、長期間の異常な無活動状態から、数世紀に渡って見られたことのないほどの激しさを伴い、太陽が目覚めたことを非常に懸念している。
 この激しさは、巨大な磁気嵐という形で現れるだろう。
これら嵐の地球への衝突は、世界で作動する脆い電子テクノロジーに対して、巨人が拳で強く殴りつけたような影響を及ぼすだろう。

・「その時が来る事は分かっているが、どれ程の悪影響が及ぶのかは分からない」太陽系物理学(Heliophysics)部門の責任者である、リチャード・フィッシャー博士(Dr Richard Fisher)が、デイリー・テレグラフとのインタビューで答えている。「人工衛星やカーナビといった通信装置、空の便、金融システム、コンピューターなど、全ての電子装置が崩壊するだろう」。

いよいよ来年だね。
まあ、脳天気な国では報じないね。 
オゾン層の破壊進行も一切タブー。
福島第一の深刻な状況もタブー。
posted by nemry at 20:18 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

太陽の怒りに触れる日、来年本当に有るのか?

太陽が生み出すスーパーストームが、2012年に私達の文明を破壊するのだろうか?

少なくともNASAは、そのはっきりとした可能性を考えている。注目に値する動向を持って、保守的な米国の宇宙局が、尋常ではない警告措置を世界に発している。

まあ、本当にそうなるかどうかは解らないが、各国の宇宙局が警鐘を鳴らしているのは事実。

http://crisisboom.com/2011/04/26/solar-superstorm-2012-one-billion-could-die/

確かに、10年ほど前からこの問題は、科学番組などで日本でも報道されていたのを思い出した。

・太陽に関する専門家は、長期間の異常な無活動状態から、数世紀に渡って見られたことのないほどの激しさを伴い、太陽が目覚めたことを非常に懸念している。
 この激しさは、巨大な磁気嵐という形で現れるだろう。
これら嵐の地球への衝突は、世界で作動する脆い電子テクノロジーに対して、巨人が拳で強く殴りつけたような影響を及ぼすだろう。

・「その時が来る事は分かっているが、どれ程の悪影響が及ぶのかは分からない」太陽系物理学(Heliophysics)部門の責任者である、リチャード・フィッシャー博士(Dr Richard Fisher)が、デイリー・テレグラフとのインタビューで答えている。「人工衛星やカーナビといった通信装置、空の便、金融システム、コンピューターなど、全ての電子装置が崩壊するだろう」。

いよいよ来年だね。
まあ、脳天気な国では報じないね。 
オゾン層の破壊進行も一切タブー。
福島第一の深刻な状況もタブー。
posted by nemry at 20:16 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月27日

まずは増税ありき。財務省の言いなり。

 所得税、法人税、たばこ税をいずれも2012年度から増税し、地方税の個人住民税は13年6月から増税する。
 消費税は上げるときには、民意を問うと野田が言った手前、今回は外す。

所得税は13年から10年間、納税額に一律4%上乗せする。
法人税は12年4月から3年間、実効税率5%の恒久減税と約2・5%の臨時増税(国税分)をセットで行う。

とても、復興の為とは思えない。
posted by nemry at 06:01 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。