2012年02月04日

昨夜米労働省が発表した1月の雇用統計によると、数値は予想外に良い傾向だ。 
ま、何が根拠か解らないが、来週は日本の株が上がるのだろう。 一時定期に。

まあ、よく株について聞かれるが、今年はやや上向きの期待が有る。

・4月解散か6月解散があり得る。
  言うだけ言って、全然何も出来ない民主党。 自らの既得権、利益のみを追求する官僚の言いなりで、景気回復どころか、国民生活を圧迫し続ける民主党に、海外はうんざり。
  もしかしたら解散が有る、という期待に海外の注目はその一点にしかない。
  金融政策も、日銀のいいなり、量的緩和をしない。これでは、円高が止まるはずが無い。

基本的に、円/ドルで、90円の線をを超えない限りは、株は頭打ち。
万一TPPに参加することになれば、日本経済は壊滅的となる。

米自動車会社が、日本のTPP参加は反対とか、適当な報道が有るが、絶対に大嘘。
官僚がメディアを使ってまたデマを流している。
さも、TPPに参加したら、日本が利益を得るような、錯覚を起こさせる為だ。
 
posted by nemry at 08:51 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月15日

NHKがまともな報道? これから

NHKスペシャル シリーズ 原発危機「知られざる放射能汚染〜海からの緊急報告」

2012年1月15日(日) 21時00分〜21時50分

国は原発事故の収束を宣言したが、魚からはいまなお基準値をはるかに超える放射性セシウムが検出され続けている。
独自調査によって、知られざる放射能汚染の実態に迫る。

番組内容

原発事故による放射能汚染は、どこまで広がり、いつまで続くのか。
その謎を解く鍵が「水」だ。
NHKでは専門家とともに初めて原発から20キロ圏内の海の本格的な汚染調査を実施。
さらに関東地方の陸から海にかけての広域調査も行った。その結果、次々と新たな放射能汚染の実態が浮かび上がってきた。
放射性物質はいかなるメカニズムによって魚介類に濃縮され、私たちの暮らしを脅かしていくのか。
知られざる実態を明らかにする。
posted by nemry at 20:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月14日

朝のつぶやき

・新法相 小川敏夫: また死刑廃止論者か、いったい、誰を殺したくないのか?
それは在日死刑囚なのか?
いかにも民主党的な法相と言える。 
我々の政権時代に一人の死刑執行もしなかった、と胸を張りたいのか。 ダオが!

・内閣改造などしても、仙石、岡田の意のままだ、
野田などは、党、官、財 から操られ放題。 
反論とか、自分の意見とか全く持たないのは誰の目からも明白。 
期待すべきは小沢が民主党をぶっ壊してくれるのを静かに待つしかないのか。

・松本死刑囚らの刑執行を先送り=小川法相
民主党って全ての問題を先送り&一切責任を取らない。この在日政党の前では日本人って無力。
posted by nemry at 08:01 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月11日

【BIGLOBE WiMAX】

先月来、Yahoo!BBをやめて、ワイマックスにしている、やはりキャンペーンのある今、が狙い目だろう、ネット代は大幅減。
俺は富士通のNIFTYにしているが、このNECのビッグローブもキャンペーン割引が太い。
いいね。



posted by nemry at 23:55 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月09日

愛媛新聞 1/8社説

原発「40年規制」
原発は30〜40年の運転を想定して設計されているといわれる。しかし電力会社などは「60年間の運転は可能」との見解だ。
 原発にいわば40年のタガをはめた今回の政府方針は、原則とはいえ、従来のあいまいな状況からみれば一歩前進である。
 細野原発事故担当相は「40年以上の運転は極めてハードルが高くなった」「延長できるのは例外的だ」と述べる。

野田佳彦首相は昨年の就任会見で「寿命がきた原発は廃炉。新設は無理」と明言している。

http://www.ehime-np.co.jp/rensai/shasetsu/ren017201201087572.html

全国紙である御用メディアではほとんど報道は無い、山口新聞もそうだが、電力会社から金をもらっていない地方紙は、あまり歯に衣を着せないという意味では、まだジャーナリズムのかけらは残っている、と常々思っている。

今回のこの「原子炉等規制法」有って無いようなザル法である。
それに本気で息を吹き込むかのようなこの論調。

ううん、「嘘つき細野」「使い勝手佳彦」の言ってる事だからなあ、話半分、いや10分の1くらいに聞くとしても本心なら、これまでと180度態度が変わっている。
「悪代官」と「越後屋」の悪巧みにメスを入れるのか?
イヤー、無理だろうと思う。

野田は、民主党の反対勢力を押さえる為に、解散をちらつかせている。
もし、本当に解散になったら、議席が10分の1程度に減る。
それを少しでも抑える為のリップサービスかも知れないな。
 
posted by nemry at 06:05 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月02日

もんじゅ君のテーマ

http://www.youtube.com/watch?v=1CvUkmeFaT0
コンセプトが良い。
posted by nemry at 21:39 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月30日

TPP参加

TTP参加問題でわかったこと。
 松下政経塾コンビの野田氏、前原氏は最強のコンビ。日本は崩壊に向かう。内閣府の試算によると参加で得られる効果はたった年間2700億円程度しかない。だれのためのTTP参加か。
 もちろんアメリカの為だけ。
 米国とFTAを結んだ韓国は完全に農業を捨てた。

FTAはTPPよりもかなり緩い、米など主要な物は除外できる。

しかし、TPPは、除外できない。
農産物、工業製品はもとより、運輸・通信・医療・金融・保険もすべて自由化。
円高で半分近くに人件費の落ちたアメリカ、韓国人労働者が、大挙して日本にやってくる。

まあ、当初は野田は安く入ってくる海外製品を見せて、「成功したかのような」アピールをする。

確かに、これほどの円高でなければ、TPPはある程度機能するだろうと俺も考える。
しかし、ドル安、ウオン安の中で、日本の産業で立ち向かえるのはわずか。

警備業も、ASS程度の料金で、SPばりの屈強な警備員が来たら、価格は更に破壊される。
生命保険も、料金半分で、朝日。興亜の保証以上だったらどうなるのか?

野田は何も知らず、丸腰で参加するつもり。
オバマは日本を血祭りに上げる事で、失政を挽回しようとしている。
本当の事を知っているのは外務省だけ。
posted by nemry at 07:21 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月28日

六ヶ所村

以下は過去の記事だが、青森どころか全国一だろう。 利権の象徴的な物だね、勿論財源は血税である。

「青森県は、2008年度の「市町村民経済計算」結果を発表し、1人当たりの市町村民所得が
県内で最も高いのは、六ヶ所村で1,363万円6,000円だった。5年連続1位。」

ちなみに、一人当たり。 4人家族だと年収5500万? 高所得者層だ。

 六ヶ所村は日本原燃の本社所在地。使用済みとなった核燃料が集まり、再処理される工場がある。人口は約1万1000人で、村内の総生産額は3647億円。

もんじゅと同じく、40年近く、全く稼働していない。

処理施設がなく、原発の使用済み核燃料は、地球の何処でも現在処理出来ないのに、原発を推進する人間がいるということ。
 
posted by nemry at 05:56 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月25日

タイの洪水、長引いているのは

親日的な国が被害に遭い、お気の毒だ。
しかし映像を見る限り、晴れているのに、今回のタイの洪水被害はなぜ長引いているのか、俺も不思議に思っている。

原因の1つは、50年に一度ともいわれる記録的な大雨。
タイの気象当局の調べでは、チャオプラヤ川の上流域となる北部や北東部などの雨量は、ことし6月から先月まで月平均の雨量を最大で50パーセント余り上回っている。
洪水が起きたあとも上流域からの大量の水の流入が続き、いつまでも洪水が収まらない状態が続いている。
今回、大きな被害が出ている中部アユタヤの工業団地では、浸水被害から2週間余りがたった今も、水が引くどころか、水位が上昇し続けているところもある。

また、もう1つの理由が、地理的条件。
首都バンコクは、チャオプラヤ川下流のデルタ地帯に位置し、運河が縦横に張り巡らされている。
海抜0メートルの場所もあるなど、ほぼ平らな低湿地が河口部まで続き、いったん洪水が起きるとなかなか海への排水が進まない。
大潮で潮位が高い状態となれば、河口への水の流れがさらに悪くなる。

タイ政府は、今回の洪水で、首都バンコクを守ることを最優先にして、北部から来る大量の水を堤防などで一時的に防ぎ、東西にう回させる措置を取ったことも被害地域を拡大させた一因になったとの指摘も出ている。

トルコもそうだが、震災でいち早く手をさしのべてくれた国に、自衛隊や、救援物資、医療チーム、レスキュー等、必要な支援をいち早くするべき。

今は、口先ばかりで実質は、何もしようとしない。していない。
 
posted by nemry at 06:42 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月20日

薄っぺらい面々

商戦の話など、今している場合では無い。
相変わらず、レベルの低いメディアだ。
今日、まだ終息していない、どころか拡大しつつ有る洪水被害。
まずは人名救助だろうが!今の真実を報道しろよ。
ま、その能力はないな、今のマスゴミには。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111020-00000101-jij-bus_all

隠蔽しきれなくなった物だけ調べる。
市民に測定器を持たせるべきではない、という政府。
信じられない高線量の規定値以下なら、検出無しという政府。
霞ヶ関も民主党も、隠蔽と保身に走っている今、自衛しか手立ては無いのか。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111020-00000011-wsj-bus_all

日韓両国じゃないだろ、韓国のためだけやないか!

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111019-00000050-jij-pol

韓国、内向きな日本への関心低く野田のせいいっぱいの手土産も評価せず。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111020-00000000-maiall-kr
posted by nemry at 22:21 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。